Backbase

銀行のDXを進めるには、自社開発と購入のどちらが最適か?

自社開発の場合

メリット

  • 完全にカスタマイズ
  • ノウハウと技術が自社に蓄積
  • 他社と差別化ができる可能性

デメリット

  • 莫大な費用と時間がかかる
  • 優れた人材の確保が必要
  • 作業プロセスの構築が必要

購入の場合

メリット

  • 費用と労力を大幅に削減
  • 開発スピードがUP
  • 適切な人材がいなくても進められる

デメリット

  • カスタマイズが制限
  • ノウハウと技術が自社に蓄積されにくい
  • ベンダー依存で費用がかさむことも

Backbaseは両方の強みを活かした
「アクセラレーティッド・ビルド方式」をご提案します

費用を抑えてスピード感を確保できる

世界150社以上、18年以上に渡り銀行のDXを手掛けてきたBackbaseのプラットフォームには、すでに使える機能やモジュールが多数あります。組み合わせて使用することで、購入と同じスピード感で、費用を抑えながら開発ができます。

カスタマイズができる

ジャーニーを延長することでペルソナ(ユーザー像)固有のものを作ることができます。また、カスタマイズが可能で、自社で開発したサービスとも連携できるなど差別化をすることができます。

右記のフォームにご記入のうえレポートをダウンロードください。