Backbase

グローバル・バンキング・ソフトウェア・プロバイダーのバックベース(本社:オランダ・ア
ムステルダム)は11月30日(木)に日本法人「バックベース Japan株式会社」を設立いたしま
す。

同時に、日本法人の責任者として、ジェイソン・リーが就任いたします。ジェイソン・リー
は、日本と韓国のカントリー・ディレクター兼日本・韓国法人副社長を兼任し、日本・韓国
のバックベースのサービス開発・ビジネス成長を担当します。


Backbaseバックベース
バックベースのリサーチ「日本におけるデジタルバンキングの消費者動向調査 1 」によると、日
本市場では、銀行利用者の5人に3人がデジタルバンキングへの利用を検討、移行を行う可
能性が高いということが判明しています。また、日本政府では、2025年までにキャッシュ
レス決済の比率を40%、最終的には80%に倍増させ、労働生産性を促進するという計画を
発表しています 2 。
このような状況下でバックベースが日本法人を設立することで、銀行や金融機関がデジタルバ
ンキングの需要に応えていくことができるよう支援体制を構築します。
バックベースのデジタルバンキングソリューションとサービスは、銀行・金融機関に対し、古
いシステムから、デジタル・トランスフォーメーションの導入を加速させ、デジタル化のポ
テンシャルを最大限に発揮できるようサポートいたします。
これまで、シティバンク、HSBC、バークレイズ、ゴールドマン・サックスなど世界150以
上の銀行に対して、独創的なモジュールソリューションと、サービスを提供してきた実績・
経験、業界の深い専門知識を兼ね備えており、従来の銀行や金融機関がデジタルファースト
の統合に焦点を当てたインフラ変革を支援します。

また、「日本におけるデジタルバンキングの消費者動向調査」では、日本の銀行利用者の不
満は、「待ち時間が長い(46%)」、「実店舗に行くのが面倒(34%)」、「デジタルバ
ンキングの選択肢がない(30%)」などが挙げられています。さらに、2人に1人は、「24
時間365日アクセス可能な銀行サービスに興味・関心がある」と回答しています。この結果
は、多くの利用者にデジタルバンキングに需要があることを示しており、金融機関がデジタ
ルバンキングを導入することで、利用者の不満の解消・顧客エンゲージメントを大幅に向上
できる可能性を秘めています。銀行・金融機関のデジタルバンキングサービス拡張の重要性
を示しているといえるでしょう。

1. 日本におけるデジタルバンキングの消費者動向調査
YouGov Singapore Pte Ltdに依頼し、2020年9月29日~10月6日に日本国内の18歳以上1,085人を対 象に実施。数値はのべ数で表記。

2. 『「キャッシュレス・ビジョン」「クレジットカードデータ利用に係るAPIガイドライン」を策定 しました』(経済産業省)https://www.meti.go.jp/press/2018/04/20180411001/20180411001.html

【バックベース CEO Jouk Pleiter コメント】


日本法人設立の発表ができたことを嬉しく思っています。これにより、日本市場におけるお
客様のニーズに対して、コミットメントを示すことができます。より多くの生活者がデジタ ルサービスを利用するようになり、金融機関のデジタルバンキングの拡大は、日本の人口減
少と厳しい労働市場への対応にも役立つことでしょう。日本ではデジタルバンキングの導入 が遅れていますが、これは逆にポテンシャルのある大きな市場であるといえます。日本のお
客様や金融機関と戦略的に連携し、デジタル・トランスフォーメーションを加速させていき
ます。


【カントリー・ディレクター兼日本・韓国法人副社長 ジェイソン・リー コメント】

バックベース では、トップクラスの技術とデジタルバンキングに関する豊富な専門知識により 、従来の銀行や金融機関のデジタル化のポテンシャルを最大限に引き出し、日本におけるデ ジタルバンキングの需要と供給のギャップを埋めることを可能にしています。また、新型コ ロナウイルス感染拡大の影響で、消費者はこれまでの生活をデジタルで行えるような仕組み・ 代用を求めるようになりました。銀行ではデジタルファーストのアプローチを採用し、顧
客が要望関係なくシームレスに取引できるようなソリューションを提供することが重要にな っています。

【ジェイソン・リー プロフィール】
日本および韓国におけるバックベース の開発・ビジネス成長の担当責任者。
バックベース 入社以前は、Poynt JapanとIngenico ePaymentsで上級職を歴任。デジタルバン
キング、Eコマース、Mコマースの分野で20年以上の経験を積み、フィンテックの早期導入
者でもあり、これまでの起業家精神と経営経験によって日本と韓国で市場シェア拡大に貢献
しています。

会社概要
従来の銀行システムを変革し、金融機関がサービスを提供する人々との交流だけでなく、エ
ンゲージメントを実現することをミッションとし、世界中の金融機関を中心にデジタルバン
キングプラットフォームを提供しています。
バックベース の「Engagement Banking Platform」は、リテール(個人向け)、法人、ウェル
ス・マネジメントを含むすべてのビジネスラインを、単一のプラットフォームを提供するこ
とでサポートしています。
業界アナリストのForrester、Ovum、Celentは「業界をリードする企業」とバックベース を評
しており現在、世界中の150以上の大手金融機関に利用いただいています。
会社名     :Backbase Japan株式会社
国内所在地   :〒106-0032 東京都港区六本木7-7-7 トライセブンロッポンギ 8F

日本法人責任者 :ジェイソン・リー
<本リリースに関するお問い合わせ>
バックベース・ジャパン広報代理
アシュトン・コンサルティング・リミテッド
電話:03-5425-7220 Eメール: BackbaseJapanPR@ashton.jp
担当:藤本、林